現代社会を縁の下で支えてる!?EMC試験の概要を知ろう

EMCってどういう意味なの?

EMCは、電磁両立性を意味する英語の頭文字3つによる略称のことです。電磁両立性と言われても、よく意味が分からないですよね?ですがそんなに難しいわけではありません。要するに、電磁的に中立であればEMCが成立しているということになります。世の中のパソコンやスマートフォンといった電子機器は必ずノイズを発生し、またノイズの影響を受けているものですが、それが規格に収まっているかどうかを調べるのがEMC試験です。EMC試験は、照明やIT機器などのジャンルにより、国際及び国内規格が違います。そのなかでも、命に直結する医療機器の規格は非常に多岐に渡っています。

ノイズ強度を調べるEMIテストとは?

電磁的中立性を調べるテストがEMC試験ですが、一度にそれを調べることはできません。EMC試験はノイズをどれだけ出すか測定するテストと、ノイズにどれだけ強いかを調べるテストの2種類にわかれており、その前者がEMIテストです。当然の話ですが、EMIテストは対象製品によって測定方法や合格ラインが異なるんですよ。たとえば、有線を伝ってどれだけのノイズを出すのかを調べる伝導妨害テストにおいては、電流プローブなどの測定機器が使われます。空気中を伝うノイズを調べる放射妨害テストでは各種アンテナが使われ、各々基準となる数値も異なります。

ノイズ耐性を検査するEMSテスト

ノイズ強度を調べるEMIテストに対し、ノイズ耐性を調べるのがEMSテストです。使用シーンを想定した耐性テストが行われることが特徴で、たとえば屋外に設置する電子機器においては、近隣に落雷が落ちた状況を想定したサージテストが行われます。また、一般家庭での使用を想定した製品においては、静電気放電などが実施されます。

EMC試験とは電子機器において、異なった複数の機器がお互いその電場の影響を受けて正しく動作しなくなることを防ぐ為に行われる試験の事です。