私たちが知る避難訓練とは別物!?BCPの概要と必要性を知ろう

そもそもBCPって何?

BCPとは、ビジネス・コンティニュー・プランの頭文字による略称で、事業継続計画という意味を持ちます。大企業の間では比較的古くから導入が進んでいたのですが、東日本大震災をきっかけとして中小企業の間でもその重要性が認知されるようになりました。

大災害や大事故を想定したプランですが、私たちが連想する避難訓練とは別物なので要注意です。BCPの目的は、予知し得ないトラブルが生じた際も速やかにビジネスを復旧させることであって、人命救助や安全確保はその一貫に過ぎません。

BCPは一度作り上げたらそれで終わりではなく、その時代に合うよう常に内容を変化させる必要があります。内容が古いままでは、いざトラブルが発生した際に用を為さなくなるためです。BCPを策定する過程において、事業の無駄な部分も洗い出せるため、その作業は決して無駄ではないでしょう。

どうしてBCPが必要なの?

BCPを作ることは法律で義務づけられているわけではありませんが、殆どの企業にとって必要不可欠であることが周知されつつあります。その理由のひとつは災害リスクの高まりです。一説によると2030年までに関東地方で大地震が発生する確率は80%もあると言われていますから、BCP策定は急務と言えます。

グローバル化や人手不足などの要因が重なることで、近年の日本企業は中核事業以外を外部委託するケースが増えています。通常時においては経費削減効果などの恩恵が得られますが、有事の際は事業を復旧させる大きな障害ともなります。BCPを導入することで、そのリスクを軽減できるというわけです。

BCP対策は避難訓練と混同されがちですが実際は大きく違います。場当たり的な人命救助ではなく、会社存続を目的としているからです。