大きく3つに分類可能!膣のゆるみを改善する方法を知ろう

筋力トレーニングによる安全な方法

膣のゆるみを改善する方法は全部で3つありますが、そのなかで人体に害を及ぼすリスクが最も少ないのが筋力トレーニングによる引き締めです。ただし、他の手段に比べて効果が現れるまでの時間が非常に長い上、継続的な努力が求められます。具体的な方法は、家庭内でも出来る体操の他、市販されているグッズを使ったものや、クリニックの医療マシンを使ったものなどがあり、後者になるにつれ得られる効果は大きくなります。しかし子供を産んだ経験がある人は、ゆるみの原因が膣周辺の筋肉弛緩であることが多く、その場合はトレーニングで十分な効果を得られない恐れがあります。とはいえ最も安全性が高い方法なので、優先順位が最も高いことは言うまでもないでしょう。

コラーゲンなどを注入する方法

注射器によってヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入する施術は、プチ膣縮小とも呼ばれています。要するに、プチ整形の一種だと思えば良いでしょう。筋トレによる膣引き締め効果がいまいちだった人や、メスを使った手術には抵抗がある人に向いています。基本的に安全性は高いですが、誤って静脈に注入してしまうと深刻な症状を招く恐れがあるため、膣について知悉したベテランの医師が施術を行う必要があります。注射器を利用するだけなので、入院の必要は無く傷跡が残ることもありません。

極めて効果が高い手術による方法

手術による方法は、ほぼ確実に高い効果を期待できる点がメリットです。他二つの方法で十分な効果を得られなかった出産経験者や高齢の方に適しています。膣の一部を切り取り縫い付けますから、その効果は半永久的です。手術の種類は幾つかあり、メスを利用した方法やレーザーを照射する方法などがあります。いずれの方法にせよ、施術時間は長くとも1時間程度で済ませられますが、1ヶ月ほど性交は控える必要があります。未熟な医師が施術を行うと、単に効果が無いばかりか深刻な事態を招きかねないので、評判の良いクリニックを選びましょう。

膣圧を強くすれば姿勢が良くなるだけではなく尿漏れなどといったトラブルを防ぐことができます。様々なトレーニング方法があるので実践しやすいです。