コスパの良い処理法!酸洗いの概要と特徴及び注意点を知ろう

酸洗いとはどういう処理なの?

金属を熱処理したり溶接した際に生じる色焼けや酸化により生じる錆などを、硫酸や塩酸といった酸性の強い液体によって除去する処理が酸洗いです。汚れを取ること以外にも、色々な用途があるんですよ。たとえば、メッキ処理を行う前に酸洗いをすることは基本です。メッキ前に酸で表面を滑らかにしておかないと、処理の失敗リスクが高まるためです。チタンに光沢を与える際にも酸処理は大活躍。いずれの用途にしても、酸洗いは研磨などの他処理に比べ低コストなため、多くの工場で幅広く利用されています。

酸洗いの目的と種類を知ろう

酸洗いの目的の第一は、その後に行われる処理を簡便化することです。たとえば加工処理前の金属に対して酸洗いをすることで、面倒な研磨処理をカットできます。酸浸漬と呼ばれるステンレスの表面を再活性する処理も、酸洗いの一種です。酸浸漬により、ステンレスは本来の錆びにくい特性を容易に取り戻せます。この他にエッチングと呼ばれる処理があるんですよ。エッチングは、型抜きなどで生じる不要な出っ張りなどを取除くことを言います。いずれにせよ、酸洗いを行うことで作業を短縮し、製造コストを削減できます。

酸洗いをする際の注意点を知っておこう

通常、酸洗いを行う際は必ず水洗いが挟まれることになります。酸洗い後の金属表面は非常に繊細な状態になっているため、すぐに水で洗浄しないと腐食してしまうからです。特に錆が生じやすい鉄を酸洗いする際は、即座に水洗いすることが求められます。酸洗いに使う薬剤は、非常に危険性が高い硫酸や塩酸がメインですから、処理の際は万全の安全対策を施しましょう。作業員に注意を促すだけでは不十分で、施設単位での対策が求められます。また本処理において発生する排水を垂れ流すことは厳禁です。

酸洗いの利点は、従来の研磨作業に比べて極めて低コストで金属の表面処理を行えることです。ただし用いる薬剤は塩酸や硫酸などとなるため、安全性の確保が求められます。