これだけは知っておきたい!?洗濯表示3種類

洗濯機で洗える?それともクリーニング

水洗いできるかどうか、というのは洗濯タグを見ると判断することができます。たぶん普通の布だから、洗濯してもいいや!と安易に判断をすると、お気に入りの洋服が二度と着れなくなってしまうかもしれません!逆にクリーニングに出さなきゃいけない、と思いこんでいたものも、自宅で簡単にお手入れできるかもしれません。クリーニング代を節約できる可能性がありますから、洗濯タグは事前にチェックしておきましょう。輸入品であっても日本の商品とほとんど変わりませんよ。

アイロンの設定温度も要注意

アイロンは大きく3つの温度設定があります。高温・中温・低温です。これも布の種類によって温度設定を変えなければいけません。そもそもアイロンをかけてはいけないものもありますので、洗濯前後に必ずチェックをしなければなりません。温度が高すぎてしまった場合、しわが消えないくらいでは済まず、布が溶けてしまった!なんてことも起こってしまいますよ。普通の布だと思っていても特殊加工が施されている場合もありますので、勝手な判断は禁物です。

おしゃれ着洗いはとっても便利

手洗い表示が付いている場合、本当に手洗いをする必要はありません。洗濯機には手洗いモードが付いていますから、賢く活用しましょう。そして手洗い専用の洗剤を使いましょう。おしゃれ着洗いというような注意が付いていればそれが適切です。それでも心配な場合には、洗濯ネットにいれて洗います。その時ぐちゃぐちゃに袋に詰めるのではなく、できるだけ丁寧にたたんでネットに入れるのが大切です。特に丁寧に扱いたいところを内側に入れるように畳みます。

ネームタグは、企業社会の中で根強い需要があります。何故ならば、社員証や業務認識票及び役職表示の機能を果たしているからです。