こんなに沢山あったの?住宅フランチャイズのメリット

そもそも住宅フランチャイズって何?

住宅フランチャイズとは、ハウスメーカーが本部となり工務店が加盟店となることで成立するビジネス手法のことです。ハウスメーカーの強みはスケールメリットを生かした建築材調達能力や知名度の高さにありますが、コストが高くなってしまうことが弱み。一方、工務店の強みは地域密着の施工能力と人件費の安さですが、ブランド力に乏しいという欠点を抱えます。住宅フランチャイズは、そんな双方の強みを強化し、弱みを打ち消し合うシステムといっても過言ではないでしょう。

工務店にとってのフランチャイズ加盟メリット

工務店にとっての加盟メリットのひとつは、広告コストをほぼゼロに出来ることです。面倒な広告に関する作業は、全て本部であるハウスメーカーにお任せできるんですよ。ハウスメーカーは、テレビCMまで打ってくれますが、このような大々的な広告展開を工務店単独で行うことは難しいでしょう。最新ノウハウに接触できることも大きな魅力です。フランチャイズ本部が定期的に実施している研修会を通じて、業界トレンドや経営手法を学べます。

施工主にとっての住宅フランチャイズ利用メリット

住宅フランチャイズは、ハウスメーカーと工務店双方がウィンウィンの関係を築けるビジネスですが、顧客である施工主にとっても当然大きなメリットがあります。ハウスメーカーが安価で調達した建築資材を使い、工務店がきめ細かく施工してくれるため、安価で良質な住まいを手に入れられます。ハウスメーカーが本部となっているため、万が一のトラブルに対する補償も万全なんですよ。独立したハウスメーカーであっても工務店であっても、このようなメリットは享受できないことは言うまでもありません。

住宅のフランチャイズとは、本部と工務店がパートナーとして協力しあうことで成立するビジネスのことです。本部のブランド力と工務店の施工能力を合わせ持っていることが特徴です。